葉酸

2016年2月29日 / 未分類

赤ちゃんを授かっている時は持ちろん、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、普段の生活を送っていると、十分な摂取が出来なかった、という事も出てくることもありますよね。
葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリメントなんです。
葉酸サプリであれば、普段のご飯を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。
ですから、普段のご飯では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も大丈夫なんだと思います。葉酸の過剰摂取による副作用は、例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体が向くむといった症状です。神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。
持ちろん、葉酸はご飯で摂取できるのが一番なのですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか簡単に管理出来るでしょうから、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には大変便利だと思います。親友が妊活していた頃の話だったと思いますが、よく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かときくと漢方だと教えてくれました。

その子の話によると、体質から変えたい、と考えているようでした。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば飲むことに抵抗がありませんね。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、みなさんでお祝いを計画しています。不妊の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。

周囲の励ましや期待などが負担となったり、本人の不安などが不妊治療とあいまってストレスになることもあり、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

穏やかな気持ちで治療を続けることは大切です。最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」がいろいろなはたらきをしていることが分かっています。
葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中の方は持ちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、葉酸の摂取を心がけてみて下さい。

栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。こちらの葉酸サプリはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちな全ての栄養素がまとめられています。複数のサプリを飲む必要が無いので、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。
管理も楽なので、おススメです。

ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特質がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみて下さいね。

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期にくらべて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。

おなかの中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を低減してくれると言う話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。

妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。

ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行なう事で乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスの改善に繋がるという訳ですね。インターネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。
こうした動画を活用すれば、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く運動する事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことにつながります。

こうした運動はこころとからだのバランスを整えると言われていますので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。

妊娠を要望している方や、計画されている方にむけて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

細胞分裂がおこなわれる、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。

受胎時から始まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、ご飯で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血に必須の栄養素です。この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠確率が上がるため、産前・産後の両方に役たつとして注目されています。

造血作用で血液が増えることで、新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。妊婦おすすめ化粧品

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る